無担保ローン

MENU

無担保ローンとは?

無担保ローンとは、もちろん担保がいらないローンです。一昔前は、担保がなければお金がなかなか借りられないという時代がありました。ですが、今では担保だけではなく保証人も不要というローンやキャッシングが当たり前の時代ですが、もちろん今でも担保が必要なローンはあります。

 

担保があればかなりの低金利であったり多額の借入ができたりと、担保があれば担保が必要なローンを利用する方が良いでしょう。ですが、担保がなかったとしても心配することはありません。先ほど述べたように、担保や保証人が不要というのが今では当たり前だからです。ですから

 

 

しっかり用途に合わせて無担保ローンを選ぶ


ことができれば返済もスムーズで利息も少なく済ます事ができるでしょう。

用途に合わせた無担保ローン一発検索

今すぐ借りたい時の無担保ローン
収入のない専業主婦でも旦那に内緒で申込める無担保ローン
そこそこの金額を長期間掛けて返済するので少しでも金利の低い無担保ローンがいい
少しの返済額で済む無担保ローン

今すぐ借りたい時の無担保ローン

 

今すぐ借りたい時には、


自動契約機がある・即日振込みの可能時間が長い・振込可能口座が多いこの三点を満たす以下のカードローンが人気です。今すぐお金が必要な時って何百万ではないですよね?何十万の世界。それなら早期返済すれば以下の中の無利息サービスのあるカードローンなら

 

 

  • 金利の低い銀行カードローンよりも即日融資の可能性が高い
  • 利息が少なくなる可能性もあります

- 実質年率 借入可能額 サービス 詳細 申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
プロミスレディースキャッシング 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 最大30日金利ゼロサービス 詳細 申込
モビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 WEB完結 詳細 申込

※スマホではスライドして表示できます

※プロミスには女性専用申込のレディースローンもあり詳細ヘから申込めます。

収入のない専業主婦でも旦那に内緒で申込める無担保ローン

 

専業主婦は消費者金融では申し込むことは出来ません


銀行のカードローンであれば申込めるのですが旦那さんの収入で審査を受ける事になり、内緒で借りれなくなるのでこれを望む主婦の方はほとんどいません。以下の専業主婦カードローンなら、

 

 

電話連絡なしで申込めるので旦那にバレることなく申し込みできます。


- 専業主婦年利 専業主婦借入枠 詳細 申込
スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高800万円 詳細 申込

※スマホではスライドして表示できます

そこそこの金額を長期間掛けて返済するので少しでも金利の低い無担保ローンがいい

 

金借入金額が大きくなるとどうしても長期返済と言う事になってしまいます。


また返済資金に余裕がない場合は小額借入でも長期返済と言う事になってしまいます。そうなってくるとやはり絶対的に低金利な無担保ローンで借りた方が返済が楽になってきます。

 

 

審査に少し時間をかけてでもこういった場合は低金利無担保ローンに申込んだ方が得策です。


- 実質年率 借入可能額 詳細 申込
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 最高800万円 詳細 申込
MR.カードローン 年利0.99%〜14.79% 最高1,200万円 詳細 申込
三菱東京UFJ銀行カードローン 年利1.8〜14.6% 最高500万円 詳細 申込
みずほ銀行カードローン 年4.0%〜14.0% 1,000万円 詳細 申込
オリックス銀行カードローン 年1.7〜17.8% 最高800万円 詳細 申込
スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高800万円 詳細 申込

※スマホではスライドして表示できます

少しの返済額で済む無担保ローン

 

お金を借りれたとしても来月も予算が少ないから2,000円程しか返済できないわ・・・


低金利だからといって返済額も少ない訳ではありません。例えば借入残高5万円の時の最低返済額を比較してみると、

-->
- 実質年率 最低返済額 詳細 申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 2,000円 詳細 申込
プロミスレディースキャッシング 年4.5%〜17.8% 2,000円 詳細 申込
アコム 年3.0%〜18.0% 3,000円 詳細 申込
モビット 年3.0%〜18.0% 4,000円 詳細 申込
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 2,000円 詳細 申込
みずほ銀行カードローン 年4.0%〜14.0% 10,000円 詳細 申込
オリックス銀行カードローン 年1.7〜17.8% 7,000円 詳細 申込
MR.カードローン 年利0.99%〜14.79% 2,000円 詳細 申込
三菱東京UFJ銀行カードローン 年利1.8〜14.6% 2,000円 詳細 申込

※スマホではスライドして表示できます

 

と低金利で借りても翌月には咲いてでも一万円と高額な返済が始まります。プロミスならわずか2,000円からの返済額で大丈夫なので、遅延・滞納の心配もなくなります。

便利でサービス満載の消費者金融系の無担保ローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

銀行の無担保ローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンは大変スペックの高いカードローンですが高額借入向けのカードローンという位置づけで編集部ではこのランクになっています。低額借入の場合の金利が消費者金融とほぼ変わらず無利息サービスもないので低額借入は消費者金融におまかせ。
しかしサービスは充実しておりATM提携台数も年々増やしており、その提携ATM手数料も無料。月々の支払は借入残高が30万円以下で7,000円からとなっていますのでやはり高額借入向け。

金利 年利 1.7〜17.8%
限度額 最高 800万円

金利 年利 1.8%〜14.6%
限度額 最高 500万円

みずほ銀行カードローン

金利 年 3.0%〜14.0%
限度額 最高 最大1,000万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円
リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

利用者にメリットの多い無担保のカードローン

カードローンとして世間一般に知られているローン商品の多くは、保証人や担保のなどの用意が必要でない無担保ローンとなっています。例えば

 

 

  • 事業用の融資商品であれば本社敷地や建物を担保として差し出したり
  • 個人の奨学金のなどの借り入れの場合は家族や親族などの保証人の設定が必要だったりし

ほとんどのローン商品では何かしらの保証が必要となるのですが、カードローンについてはそういう保証が必要とならないのです。その大きな理由としてあげられるのが、

 

 

その分高い金利が設定されており金融機関側のリスク管理として金利に上乗せされている


という事です。簡単に言うと

 

 

万が一貸した人が自己破産などで返済できないとなっても当人及び他の人にかけている金利に含まれるリスク管理分で十分に補填できる


ということなのです。こうすることで保証会社はリスクを避けているというメリットがありますが、なぜわざわざ保証人や担保を用意せずに無担保ローンを商品として設定しているのかには、我々利用者側の目線に立った理由が存在しています。

 

保証人や担保を設定して、それをリスクへの備えとする場合には保証人それぞれの信用力や担保とされる土地や建物に対する評価が必要となり、

 

 

ローン商品を利用するにあたってのハードルは高くなります。


その影響は主にローン審査の時間が長くなるといった影響の形で、我々利用者側に現れることになり、即座にお金を借りたい!という根強い要望に応えるのが難しくなるのです。無担保であればお金を借りたいという当人が返済していく能力があるのかを審査するだけなので、担保や保証人を立ててから審査を行うよりも格段に審査時間は短くなります。

 

金融機関としても利用の裾野が広がるイコール貸付の可能性が高まるというメリットはありますが、同時に私たち利用者側が本当に必要な時にすぐにお金を貸してもらえるという、今の便利な体制が構築されるメリットを享受できているのです。

無担保ローンの与信状況の問い合わせ先の信用情報機関とは?

銀行や消費者金融などでお金を借りるとき、利用されているのが信用情報機関です。日本には

 

 

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • CIC
  • JICC

の3つの信用情報機関があります。銀行や消費者金融、ローン会社などはこの信用情報機関に加盟していて、自社の顧客に融資を行うと、この情報を記入します。すると情報機関のデータベースにこの情報がインプットされるという仕組みです。

 

そしてこの情報機関にかめいしている銀行や消費者金融などの融資する側は、与信の際に端末からこの情報を見て、審査するかどうか決定するという仕組みです。またデータベースには返済が滞っている場合などの情報や、任意整理、過払い請求、自己破産などもインプットされます。

 

例えば銀行で住宅ローンを申し込むときに、過去にクレジットカードの支払いや自動車ローンの支払いが滞っていると、審査に響くことがありますので、注意が必要です。個人情報が流失するのではないか??と心配する人もいますが、金融機関はしっかりとした情報管理を行っていますし、データベースがハッキングされたということもありませんのでそんなに心配する必要はありません。

 

また情報機関に登録されている情報は、ローンなどを返済し終わってから5年経つとデータベースから消えますので、自己破産しても5年後には融資を申し込んだり、クレジットカードを作ったりできるようになりますので安心してください。

無担保ローンの金利の表記方法を知る

お金を借りるときに金融機関は金利を提示します。それに基づいて利息を支払わなければならないわけですが、お金を借りる前は金利の表記が曖昧なことがほとんどです。多くの場合キャッシングなどを行うときに提示される金利は4%から18%といったように最低金利と最高金利にはかなり大きな差があります。

 

そのためお金を借りる人は自分の利息がどの程度の額になるのかをはっきりと知ることができません。このような状況に伴って金利の計算の仕方や金利が上下する仕組みについてよく知っておくことが必要でしょう。まず低額のお金を借りる場合は金利が高くなります。

 

そのため金利4%から18%という表示があった場合は18%が適用されることがほとんどです。逆に高額のお金を借りた場合は4%の金利を期待することができます。そして利子の計算はたいていの場合年利と呼ばれるものです。

 

たとえば10万円を金利18%で借りたとします。そしてそれを30日で返済できた場合の計算は

 

 

10万円×0.18%÷365日×30日


となります。つまり早く返済したほうが支払う利子は少なくなるのです。逆にお金を金融機関に預けて利子を受け取る場合も表示される金利は年利となります。

 

計算の仕方は先のものと一緒で、最後の30日の部分が返済できた日数ではなく金融機関にお金を預けた日数となるわけです。それでまず年利とは何かを理解し、その後自分の借りるお金や預けるお金に対してどの程度の金利が提示されるのかに目ざとくあるべきです。

銀行の無担保ローンでお金を借りる方法とは?

銀行でお金を借りるには申込みを行って審査に通る必要があり、その時に身分証明証等の必要書類が必要になり、書類に関しては用途や融資希望額によって用意するものが違ってきます。いずれにしても返済する能力を問われる事になりますから収入や職種、借金履歴等の客観視出来る情報が大切になります。

 

 

地方銀行の場合は地域に密着しており営業エリアの中で住んでいるか勤務先があるかという事が利用条件


になってきますし、借金でも用途が自由なタイプもあれば目的が明確な借金もあり、目的が明確な借金としては住宅ローンや自動車ローン等があり、そういったタイプの借金に関しては購入を示す書類や収入証明書等が必要になってきます。

 

最近では銀行に直接足を運ばなくてもインターネットを経由してカードローンの申し込みを出来るようになっていますし、申込みや審査に関しては遠隔からでも行えるようになり利便性が高くなっています、契約時には銀行に直接足を運ぶ必要があったりと業者によっても申込みサービスによっても違いますが、申込み審査はネット経由で行えるようになっている銀行が多くなっています。

 

幅広い層が利用していますからアルバイトやパート、主婦の方も銀行でお金を借りる人も多いですし、条件を整えて審査申込みを行う事で低金利でキャッシングやローンを組む事が出来るのは大きな利点になっています。

 

 

貸金業者の中でも低金利設定であり総量規制等のような年収の3分の1以上の借り入れが出来ないというような制限も無い


ですから、返済が長期化したり大きな借金を行う時でも有利に利用する事が出来るという特徴があります。

 

銀行でお金を借りる流れは申込みを行って、必要な書類を揃えて審査に出し、審査結果が出てから契約になり融資可能枠等が決まって来る事になりますから、利用枠の範疇でお金をいつでも借りる事が出来るようになります、返済の計画を立てながら利用していく事で安全に利用する事が出来ますから計画的な利用をしましょう。

なぜ無担保で大丈夫なの?

担保や保証人が不要になってきた要因には保証会社の抬頭が挙げられます。保証会社とは、

 

 

債務者が担保や保証人を用意する代わりに、保証料を支払うことで保証人の役割を果たしてくれる会社のことです。


保証会社がいることで、キャッシング会社は担保や保証人不要でも、回収できないというリスクはなくなるのです。しかし住宅ローンのような高額のローンでは無担保・保証人なしのような個人信用のみで貸せる額ではありませんし、そんな高額を無担保ローンのような金利で借りてしまったら利息返済だけでもアップアップになってしまいます。高額を借りるのであれば無担保ローンでも銀行の高額が低金利な商品や労金で組合員を対象に申し込みを受け付けているフリーローンなどがありますのでそういった商品をご利用された方がいいでしょう。

 

 

無担保ローンでは一般的に商用の事業資金などの用途には使えません。


会社に貸すと倒産した場合の返済は有限責任で回収不可能になってしまう場合があるので事業用は担保を取るか、事業主が保証人になるのが一般的です。

 

なお、キャッシングやカードローンでは保証料は基本的にはいらないと考えてください。その保証料込みでもともとの金利が設定されていますので、キャッシング会社が代わりに保証料を保証会社に払ってくれています。ちなみに銀行系で紹介したプロミス・アコムも銀行の無担保ローンの保証会社をしています。銀行の無担保ローンの保証会社だから審査も銀行よりはプロなんです。しかし、無担保ローンで借りる際はご返済計画をしっかり立ててしっかり返済できる程度の額にしておきましょう。

 

銀行等の低金利ローンはこうした保証会社の保証を元にリスクの少ない顧客を相手に商売が出来る訳です。ですので総量規制以降は銀行よりも消費者金融のカードローンの方がお得なサービスを展開しています。

運営・管理

運営・管理は弊社が責任を持ってしております。