無担保ローン

MENU

無担保で事業資金を借りるのが難しい訳

最近では金融機関からお金を借りることが以前に比べるとかなり身近なものとなりました。その理由は借り入れ審査を行う際に借り手の返済能力の確認がより細かくなり、以前は審査をパスすることができなかった人がパスできるようになったためと思われます。

 

しかしそれでも何千万円という大金を金融機関から借りる場合は厳しい審査をパスする必要があります。またこのような大金を事業資金として金融機関から借りる場合は無担保や保証人なしでは非常に難しいといえるでしょう。

 

それでも少し前までは500万円程度の事業資金でしたら無担保や保証人なしで借りることが可能でした。しかし最近制定された総量規制により借り手は年収の3分の1以下のお金しか一度に金融機関から借りることができないという決まりが適用されるようになりました。

 

そのため500万円の事業資金を借りる場合は最低でも年収が1500万円を超えていなければならないためにそれを下回る年収の人が事業資金500万円を無担保で借りることができなくなってしまったのです。

 

また金融機関からお金を借りた場合は借りた額が大きければ大きいほど利率が低くなる傾向にあります。そのため借りた額が小さければ支払わなければならない利息の額は大きくなるのです。

 

そのため仮に事業資金がそれほど高額ではなく、金融機関からの融資を受けることができたとしても利息の支払いが高額になることを恐れて事業資金の借り入れを諦めてしまう人もいます。こうした理由も相まって無担保で事業資金を借りることが非常に難しくなりました。