無担保ローン

MENU

キャッシングとクレジットの違いとは?

一番の違いはお金を手元に持っているかどうか

キャッシングとクレジットカードには大きな違いがあり、一番の違いはお金を手元に持っているかどうかです。クレジットの場合は代わりの支払いをしているだけであり、お金を自分が持つことはありません。

 

しかしキャッシングは自分でお金を持つことが可能となるため、色々な用途に利用することが出来るのです。クレジットは対応している物が無ければ利用することができず、使える範囲が狭くなっているのは事実です。

 

 

キャッシングならそうしたことはありませんから、クレジットが利用できない所でも安心して利用することができます。


海外ではクレジットの方が圧倒的に有利

ただ海外で利用することを考えると、クレジットの方が圧倒的に有利です。海外ではキャッシングサービスが利用できない所も多く、クレジットを利用してキャッシングと同じサービスを利用することがあります。

 

海外旅行の際はクレジットを持って行かなければ駄目だと言われているのは、海外でキャッシングのサービスがあまり利用できない点にあります。そのためクレジットは海外でも通用するもの、キャッシングは国内を主体に考えるものと思っていればいいです。

借りた時の金利はキャッシングの方が有利

またキャッシングは金利が異なっているのに対し、クレジットは金利が固定されていることが多く、高い金額を利用すると大きな損失になってしまいます。

 

 

そのため高い金額を借りたいと思っていなら、キャッシングの方が断然お得です。


 

クレジットは買い物に利用するタイプで、キャッシングは高い金額を借りるために持つ違いもあります。