無担保ローン

MENU

専業主婦でも無担保ローンに申込める?銀行カードローンなら可能

専業主婦の申込めるカードローン

消費者金融で専業主婦が申込めない理由

消費者金融を利用するための条件には様々なものがありますが、

 

 

その中のひとつに毎月安定した収入を得ていること


というものがあります。そのため、パートやアルバイトなどで収入を得ていない

 

 

専業主婦の場合は消費者金融を利用してお金を借りることはできません。


これは、消費者金融の行う融資が総量規制という法律で規制されているためであり、年収の3分の1を超えて融資を受けることができないという点に関係しています。

 

専業主婦の場合は年収そのものが0円のため、消費者金融で融資を受けることができる金額についても0円となるためです。消費者金融が毎月安定した収入を得ていない人への融資を行っていないのもこの総量規制が関係しており、専業主婦についてもそれは例外ではありません。

銀行カードローンでも専業主婦が申込めるところと申込めないところがある

消費者金融は総量規制の関係から収入を得ていない専業主婦に対しては融資は行っていないのに対して、

 

 

総量規制の影響を受けない銀行カードローンはどうでしょうか?


実は銀行カードローンであれば、専業主婦であっても融資を受けられる可能性がありますので、もしも専業主婦がお金を借りるということであればまずは銀行カードローンに注目しなければなりません。ただし、

 

 

銀行によっては必ずしも専業主婦を融資対象としてないケースもあります


ので、銀行カードローンでお金を借りるということであれば事前に融資を受けられるかどうかを確認する必要があります。銀行からすれば収入を得ていない人への融資を行うことになりますので、返済されない可能性が少なからずあることから専業主婦への融資に対して慎重な対応をするところもあるのです。

専業主婦申込可能な銀行の無担保ローン
申込 即日振込可能口座 金利 専業主婦借入可能額
スルガ銀行リザーブドプラン 既存の口座に最短即日振込 年3.9%〜14.9% 最高30万円
専業主婦専用借入枠がある銀行カードローンが家族に内緒で申込める理由

専業主婦への融資が可能な銀行カードローンでお金を借りる場合の最大のメリットは、

 

 

家族に内緒で借入ができるという点にあります。


その理由は銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、配偶者の同意書を得る必要はないためです。ただ配偶者の同意を必要とする銀行カードローンもありますので注意してください。(専業主婦申込可能な銀行の無担保ローンなら大丈夫です。)

 

そのため、専業主婦であっても本人の身分証明書があればそれで申込ができるようになっています。また、専業主婦がお金を借りるということは収入が全くない状態で申込ができるということですが、銀行カードローンで借入可能な枠としてもこうした人への融資を行うことを想定した金額となっています。

 

収入証明書を用意することなく、必要最小限の金額でお金を借りることができるため、家族に内緒で融資を受けることが可能となっているのです。

 

在籍確認の電話も専業主婦には勤め先がありませんので掛かってくる事はありません。ただし、収入のある配偶者である旦那さんのところに掛かってくる銀行カードローンもありますのでそれには注意が必要です。(専業主婦申込可能な銀行の無担保ローンなら大丈夫です。)

 

 

あいつカードローンに申込みやがったな・・・


パートで安定収入があるのであれば消費者金融が有利な理由

専業主婦にとっての消費者金融のメリット

消費者金融でお金を借りる場合は毎月安定した収入を得ていることが条件となります。そのため、専業主婦は借入を受けることはできませんが、

 

 

パートやアルバイトで毎月安定収入を得ているということであれば消費者金融に申込むことができます。


消費者金融のメリットは、

 

 

  • 申し込みから融資が実行されるまでの時間が短いという点
  • 土日や祝日であっても即日融資が可能

これだけでも主婦にとってはメリットがあるでしょう。銀行カードローンの即日融資は、自動契約機を持たないところがほとんどですので即日カード発行は不可能です。

 

即日振込に関しても、自行口座を持っていないとダメとか、平日の正午までに契約完了していなければダメとかの制限があります。

 

とにかく急いでお金を借りたい場合などは消費者金融を利用した方がメリットが大きいといえるでしょう。

パートなどで安定収入のある主婦は大手消費者金融
申込 パート主婦の申込 自動契約機設置台数 実質年率 借入可能額
プロミス 約2,500台 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 約2,500台 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 約1,000台 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 約350台 年3.0%〜18.0% 最高800万円

※ パート主婦の申込には安定収入が必要です。

専業主婦が申込みにくくなった理由の総量規制とは?

消費者金融で融資を受ける際に適用される総量規制は、専業主婦がお金を借りることが難しくなった要因のひとつです。この総量規制では

 

 

融資を受けることができる金額は年収の3分の1まで(融資可能なのは申込者の年収の1/3まで)


と規定されており、その目的は多重債務者の救済となっています。融資を受けることができる金額を年収の3分の1までと限定することで借りすぎを防ぎ、計画的な返済ができるような環境整備をすることが総量規制が制定された背景にあります。

 

専業主婦にとってはお金を借りることが難しくなっているものの、多重債務者の救済を目的とした法律であることからその判断については賛否両論あるといえるかもしれません。

 

しかし総量規制にはその専業主婦の借入に対しての救済措置がありますが、貸金業者には利用されていません。それが配偶者貸付です。

配偶者貸付を消費者金融が利用しない理由

配偶者貸付とは、総量規制の例外規定のひとつであり、

 

 

配偶者の収入と合算した年収の3分の1まで借入を受けることができる


と規定したものです。つまり、この規定を適用すれば収入を得ていない専業主婦であっても配偶者の収入と合算すれば消費者金融でお金を借りられる可能性があります。しかし、

 

 

ほとんどの消費者金融業者ではこの配偶者貸付には対応しておらず


安定した収入を得ている配偶者がいても専業主婦に対しては融資は行っていません。配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書をはじめ戸籍抄本など婚姻関係を証明する書類、場合によっては配偶者の収入証明書類なども必要となります。

 

こうした書類を確認しつつ、申し込んできた本人と配偶者の両方の返済能力を審査で確認しなければならないことを考えると、専業主婦にとっては配偶者(旦那さん)に申込んだ事が知られてしまうリスクを背負う事になってしまいます。

 

このリスクを犯してまで専業主婦が消費者金融に申込むメリットはない(需要はない)と貸金業者はみているので、配偶者貸付を適用した商品を作らないのです。

 

こうした理由から消費者金融の多くは配偶者貸付に対応しておらず、また、融資を受けたい専業主婦にとっても配偶者の同意が得られなければ利用できないため、配偶者貸付を利用するメリットは低いと考えられています。

用途に合わせた無担保ローンの絞り込み検索
絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

用途に合わせた無担保ローン一発検索
今すぐ借りたい時の無担保ローン
収入のない専業主婦でも旦那に内緒で申込める無担保ローン
そこそこの金額を長期間掛けて返済するので少しでも金利の低い無担保ローンがいい
少しの返済額で済む無担保ローン