無担保ローン

MENU

無担保ローンとは?

 

無担保ローンとは、もちろん担保がいらないローンです。一昔前は、担保がなければお金がなかなか借りられないという時代がありました。ですが信用情報機関や個人情報等のデータ管理により、現在では個人与信(お金を貸してくれる相手に信用を与える事。またはその信用に値する金額)を分析することが出来ます。

 

さらに担保だけではなく保証人も不要というローンやキャッシングが当たり前の時代ですが、もちろん今でも担保が必要なローンはあります。担保があればかなりの低金利であったり多額の借入ができたりと、担保があれば担保が必要なローンを利用する方が良いでしょう。

 

 

  • 担保ありのローン:金利は低いが、担保の審査や書類提出などの手間が掛かり、ローンを組む際や一括返済の手数料が掛かったりする。
  • 無担保ローン:金利はそれなりに高いが、申し込みから最短即日融資が可能で急ぎの時には重宝される。

ですが、担保がなかったとしても心配することはありません。先ほど述べたように、担保や保証人が不要というのが今では当たり前だからです。ですからしっかり用途に合わせて無担保ローンを選ぶことができれば返済もスムーズで利息も少なく済ます事ができるでしょう。

用途に合わせた無担保ローン一発検索

今すぐ借りたい時の無担保ローン
収入のない専業主婦でも旦那に内緒で申込める無担保ローン
そこそこの金額を長期間掛けて返済するので少しでも金利の低い無担保ローンがいい
少しの返済額で済む無担保ローン

用途に合わせた無担保ローンの絞り込み検索
絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

今すぐ借りたい時の無担保ローン

 

今すぐ借りたい時には、


自動契約機がある・即日振込みの可能時間が長い・振込可能口座が多いこの三点を満たす以下のカードローンが人気です。今すぐお金が必要な時って何百万ではないですよね?何十万の世界。それなら早期返済すれば以下の中の無利息サービスのあるカードローンなら

 

 

  • 金利の低い銀行カードローンよりも即日融資の可能性が高い
  • 利息が少なくなる可能性もあります

- 実質年率 借入可能額 サービス 詳細 申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
プロミスレディースキャッシング 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 最大30日金利ゼロサービス 詳細 申込
SMBCモビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 WEB完結 - -

※スマホではスライドして表示できます

※プロミスには女性専用申込のレディースローンもあり詳細ヘから申込めます。

収入のない専業主婦は旦那に内緒で申込める無担保ローンはあるの?

 

現在貸金業法下で営業をしている貸金業者は、貸金業で新たに定められた総量規制という規制を順守することが義務付けられています。この総量規制というのは貸付できる金額の総量を規制するものであり、貸金業者が収入に見合わない貸し付けをするのを防止する役割を果たしています。

 

 

総量規制では年収の三分の一以上の貸し付けを禁止


 

しており、それ以上の貸し付けを行った場合には重い罰則が貸金業者に科せられる仕組みとなっています。そのため総量規制の導入により利用者側にとって安全性が確保されたのと同時に、いままでのように多額の利用は出来ないと言う制限も設けられたことになります。総量規制では働いて収入を得ていることが利用する条件となっていますので、

 

 

専業主婦のように働いておらず収入が無い人に関しては、利用すらできないという異なっているわけです。


この場合専業主婦単独での利用は不可能となりますが、総量規制の配偶者貸付という制度を利用することで収入のない専業主婦でも法律的には貸金業者の利用が可能になります。

 

この配偶者貸付というのは生活を共にしてい配偶者の収入を利用して専業主婦が申し込みできる制度となっており、結婚して配偶者がいる場合には利用可能となる制度と言えます。この配偶者貸付を利用した場合、総量規制の例外という扱いになり、専業主婦に対して総量規制が適用されなくなります。

 

何故なら専業主婦自身は一切収入が無いとしても、配偶者の収入を元に審査を行う為専業主婦でも問題なく審査を受けることが出来るわけです。ただしこの配偶者貸付は専業主婦本人ではなくあくまでも配偶者を審査対象とするため、審査における収入だけでなく在籍確認などの調査も全て配偶者側に連絡が行くことになります。

 

それと同時に配偶者貸付は専業主婦が自ら申し込みをするものではなく、貸金業者側がその利用を行うものですので、貸金業者側が利用を許可しない場合には配偶者貸付での申し込みは出来ないことになります。では現在この配偶者貸付の利用がどのように遂行されているのかといえば、

 

 

ほとんどの貸金業者での利用が遂行されていないという現状があります。


これは配偶者貸付を利用する場合に提出する書類が通常の利用と比べて非常に多くなり、配偶者の同意が必要ですし婚姻しているという証明書も必要、さらには利用金額によっては配偶者の収入証明書も必要となるためです。

 

もし配偶者がすでに他で借入をしていた場合には利用金額も総量規制により規制されますし、専業主婦が利用するというのが前提なのでそれほど利用額が多くならないという問題もあります。それを総合的に考えた場合、貸金業者のメリットは少なくむしろ手間ばかりが増えることになるため配偶者貸付を適用したくないと考えており、ほとんどの貸金業者では配偶者貸付を行っていないのが現状です。ですので、

 

 

専業主婦は消費者金融の無担保ローンには申し込むことは出来ません


大手貸金業者は全く利用を行っていないので、有名な貸金業者での利用は出来ないということになります。

 

こうなると専業主婦が申込める無担保ローンは、貸金業法で規制されない銀行カードローンしかないということになりますが、銀行カードローンは現在大幅に貸金業者の貸付残高を超えており、金融庁から規制を掛けられている状態です。

 

 

銀行の無担保ローンも専業主婦は申込めない状態であり、総合して収入のない専業主婦自身の申込では申込める無担保ローンは現在のところありません


参考サイト:金融庁

そこそこの金額を長期間掛けて返済するので少しでも金利の低い無担保ローンがいい

 

 

金借入金額が大きくなるとどうしても長期返済と言う事になってしまいます。


また返済資金に余裕がない場合は小額借入でも長期返済と言う事になってしまいます。そうなってくるとやはり絶対的に低金利な無担保ローンで借りた方が返済が楽になってきます。

 

 

審査に少し時間をかけてでもこういった場合は低金利無担保ローンに申込んだ方が得策です。


- 実質年率 借入可能額 詳細 申込
三菱UFJ銀行カードローン 年利1.8〜14.6% 最高500万円 詳細 申込
オリックス銀行カードローン 年1.7〜17.8% 最高800万円 詳細 申込

※スマホではスライドして表示できます
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

少しの返済額で済む無担保ローン

 

 

お金を借りれたとしても来月も予算が少ないから2,000円程しか返済できないわ・・・


低金利だからといって返済額も少ない訳ではありません。例えば借入残高5万円の時の最低返済額を比較してみると、

 

- 実質年率 最低返済額 詳細 申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 2,000円 詳細 申込
プロミスレディースキャッシング 年4.5%〜17.8% 2,000円 詳細 申込
アコム 年3.0%〜18.0% 3,000円 詳細 申込
SMBCモビット 年3.0%〜18.0% 4,000円 - -
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 2,000円 詳細 申込
オリックス銀行カードローン 年1.7〜17.8% 7,000円 詳細 申込
三菱UFJ銀行カードローン 年利1.8〜14.6% 2,000円 詳細 申込

※スマホではスライドして表示できます
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

 

と低金利で借りても翌月には咲いてでも一万円と高額な返済が始まります。プロミスならわずか2,000円からの返済額で大丈夫なので、遅延・滞納の心配もなくなります。

便利でサービス満載の消費者金融系の無担保ローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

アイフル

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円まで

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンは大変スペックの高いカードローンですが高額借入向けのカードローンという位置づけで編集部ではこのランクになっています。低額借入の場合の金利が消費者金融とほぼ変わらず無利息サービスもないので低額借入は消費者金融におまかせ。
しかしサービスは充実しておりATM提携台数も年々増やしており、その提携ATM手数料も無料。月々の支払は借入残高が30万円以下で7,000円からとなっていますのでやはり高額借入向け。

金利 年利 1.7〜17.8%
限度額 最高 800万円

金利 年利 1.8%〜14.6%
限度額 最高 500万円

無担保ローンは自由に利用できるタイプ

 

 

基本的にローンというのは、何らかの担保を提供しなければ利用できません。


担保として提供するのは不動産が多く、こうした物を提示して信用を勝ち得てから、高い金額を借りることが多いです。ところが最近ではそのようなローンに変わる、無担保ローンというものが登場しています。

 

カードローンのように無担保ながらも、高い限度額まで借りられるようになっています。銀行等には目的型の無担保ローンもあり、こちらの方は利用用途は限定されますが、金利は低く設定されており、目的に合った利用しやすいローンになっています。

 

この目的型の無担保ローンも、基本的な設定はカードローンと似たような感じになっていますが、金利が低い分審査は厳しく、提出書類も多めで事務手数料も掛かってきます

 

 

不動産を提供するローンよりは借りられないのですが、その分しっかりと利用限度額を確保できますし、審査という部分では非常に早くなっています。また担保を出さなくてもいいので、もし借金を返すことが出来なかった場合、その金額を担保で補償しなければならないこともありません。

 

従って無担保ローンはリスクがやや小さいローンと考えてほしいのです。ただ金融業者側からすればリスクの大きな消費である事から、

 

 

金利が高くなったり、消費者金融の審査が厳しくなったりする訳です。


また多目的に利用できることが多いため、色々なお金に使っても大丈夫です。一般のローンは決められたものしか利用できないか、自由に利用できても制限をくわられることが多いです。

 

しかし無担保ローンは自由に利用することができますので、自分が思っている通りの用途に使って、必要な物を手にすればいいと思います。こうした違いが一般のローンとは異なっており、利用できる部分というのはかなり広いと考えてください。ただ一般のローンよりも金利が広めに設定されていることや、借りられる年数があまり長く無いという問題もあるため、一概に無担保ローンがいいものだということも言えません。

 

利用しやすいという部分では非常にいいものですから、ちょっとしたローンを組みたいと思っている方には向いていますので専業主婦でもお金を借りることのできるタイプのものもあります。。担保を提示できない場合や、何とかして無担保で借りたいなら、銀行が提供している無担保ローンを利用してください。

 

また無担保ローンの消費者金融でもクレジットカードを唯一発行しているところがあります。それがアコムでその商品名は『アコムマスターカード』という名称になっています。このアコムマスターカードの在籍確認も通常のキャッシング同様行われますので会社で準備はしておいてください。

利用者にメリットの多い無担保のカードローン

カードローンとして世間一般に知られているローン商品の多くは、保証人や担保のなどの用意が必要でない無担保ローンとなっています。例えば

 

 

  • 事業用の融資商品であれば本社敷地や建物を担保として差し出したり
  • 個人の奨学金のなどの借り入れの場合は家族や親族などの保証人の設定が必要だったりし

ほとんどのローン商品では何かしらの保証が必要となるのですが、カードローンについてはそういう保証が必要とならないのです。その大きな理由としてあげられるのが、

 

 

その分高い金利が設定されており金融機関側のリスク管理として金利に上乗せされている


という事です。簡単に言うと

 

 

万が一貸した人が自己破産などで返済できないとなっても当人及び他の人にかけている金利に含まれるリスク管理分で十分に補填できる


ということなのです。こうすることで保証会社はリスクを避けているというメリットがありますが、なぜわざわざ保証人や担保を用意せずに無担保ローンを商品として設定しているのかには、我々利用者側の目線に立った理由が存在しています。

 

保証人や担保を設定して、それをリスクへの備えとする場合には保証人それぞれの信用力や担保とされる土地や建物に対する評価が必要となり、

 

 

ローン商品を利用するにあたってのハードルは高くなります。


その影響は主にローン審査の時間が長くなるといった影響の形で、我々利用者側に現れることになり、即座にお金を借りたい!という根強い要望に応えるのが難しくなるのです。無担保であればお金を借りたいという当人が返済していく能力があるのかを審査するだけなので、担保や保証人を立ててから審査を行うよりも格段に審査時間は短くなります。

 

金融機関としても利用の裾野が広がるイコール貸付の可能性が高まるというメリットはありますが、同時に私たち利用者側が本当に必要な時にすぐにお金を貸してもらえるという、今の便利な体制が構築されるメリットを享受できているのです。

無担保ローンの与信状況の問い合わせ先の信用情報機関とは?

 

銀行や消費者金融などでお金を借りるとき、利用されているのが信用情報機関です。日本には、

 

 

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • CIC
  • JICC

の3つの信用情報機関があります。銀行や消費者金融、ローン会社などはこの信用情報機関に加盟していて、自社の顧客に融資を行うと、この情報を記入します。すると情報機関のデータベースにこの情報がインプットされるという仕組みです。

 

そしてこの情報機関にかめいしている銀行や消費者金融などの融資する側は、与信の際に端末からこの情報を見て、審査するかどうか決定するという仕組みです。またデータベースには返済が滞っている場合などの情報や、任意整理、過払い請求、自己破産などもインプットされます。

 

 

例えば銀行で住宅ローンを申し込むときに、過去にクレジットカードの支払いや自動車ローンの支払いが滞っていると、審査に響くことがありますので、注意が必要です。個人情報が流失するのではないか??と心配する人もいますが、金融機関はしっかりとした情報管理を行っていますし、データベースがハッキングされたということもありませんのでそんなに心配する必要はありません。

 

また情報機関に登録されている情報は、ローンなどを返済し終わってから5年経つとデータベースから消えますので、自己破産しても5年後には融資を申し込んだり、クレジットカードを作ったりできるようになりますので安心してください。

無担保ローンの金利の表記方法を知る

 

お金を借りるときに金融機関は金利を提示します。それに基づいて利息を支払わなければならないわけですが、お金を借りる前は金利の表記が曖昧なことがほとんどです。多くの場合キャッシングなどを行うときに提示される金利は4%から18%といったように最低金利と最高金利にはかなり大きな差があります。

 

そのためお金を借りる人は自分の利息がどの程度の額になるのかをはっきりと知ることができません。このような状況に伴って金利の計算の仕方や金利が上下する仕組みについてよく知っておくことが必要でしょう。まず低額のお金を借りる場合は金利が高くなります。

 

そのため金利4%から18%という表示があった場合は18%が適用されることがほとんどです。逆に高額のお金を借りた場合は4%の金利を期待することができます。そして利子の計算はたいていの場合年利と呼ばれるものです。

 

たとえば10万円を金利18%で借りたとします。そしてそれを30日で返済できた場合の計算は

 

 

10万円×0.18%÷365日×30日となります。


つまり早く返済したほうが支払う利子は少なくなるのです。逆にお金を金融機関に預けて利子を受け取る場合も表示される金利は年利となります。

 

計算の仕方は先のものと一緒で、最後の30日の部分が返済できた日数ではなく金融機関にお金を預けた日数となるわけです。それでまず年利とは何かを理解し、その後自分の借りるお金や預けるお金に対してどの程度の金利が提示されるのかに目ざとくあるべきです。

銀行の無担保ローンでお金を借りる方法とは?

 

銀行でお金を借りるには申込みを行って審査に通る必要があり、その時に身分証明証等の必要書類が必要になり、書類に関しては用途や融資希望額によって用意するものが違ってきます。いずれにしても返済する能力を問われる事になりますから収入や職種、借金履歴等の客観視出来る情報が大切になります。

 

 

地方銀行の場合は地域に密着しており営業エリアの中で住んでいるか勤務先があるかという事が利用条件


になってきますし、借金でも用途が自由なタイプもあれば目的が明確な借金もあり、目的が明確な借金としては住宅ローンや自動車ローン等があり、そういったタイプの借金に関しては購入を示す書類や収入証明書等が必要になってきます。

 

最近では銀行に直接足を運ばなくてもインターネットを経由してカードローンの申し込みを出来るようになっていますし、申込みや審査に関しては遠隔からでも行えるようになり利便性が高くなっています、契約時には銀行に直接足を運ぶ必要があったりと業者によっても申込みサービスによっても違いますが、申込み審査はネット経由で行えるようになっている銀行が多くなっています。

 

幅広い層が利用していますからアルバイトやパート、主婦の方も銀行でお金を借りる人も多いですし、条件を整えて審査申込みを行う事で低金利でキャッシングやローンを組む事が出来るのは大きな利点になっています。

 

 

貸金業者の中でも低金利設定であり総量規制等のような年収の3分の1以上の借り入れが出来ないというような制限も無い


ですから、返済が長期化したり大きな借金を行う時でも有利に利用する事が出来るという特徴があります。

 

銀行でお金を借りる流れは申込みを行って、必要な書類を揃えて審査に出し、審査結果が出てから契約になり融資可能枠等が決まって来る事になりますから、利用枠の範疇でお金をいつでも借りる事が出来るようになります、返済の計画を立てながら利用していく事で安全に利用する事が出来ますから計画的な利用をしましょう。

様々な無担保ローン

貸金業者の無担保ローン

 

銀行の無担保ローン

なぜ無担保で大丈夫なの?

 

担保や保証人が不要になってきた要因には保証会社の抬頭が挙げられます。保証会社とは、

 

 

債務者が担保や保証人を用意する代わりに、保証料を支払うことで保証人の役割を果たしてくれる会社のことです。


保証会社がいることで、キャッシング会社は担保や保証人不要でも、回収できないというリスクはなくなるのです。しかし住宅ローンのような高額のローンでは無担保・保証人なしのような個人信用のみで貸せる額ではありませんし、そんな高額を無担保ローンのような金利で借りてしまったら利息返済だけでもアップアップになってしまいます。高額を借りるのであれば無担保ローンでも銀行の高額が低金利な商品や労金で組合員を対象に申し込みを受け付けているフリーローンなどがありますのでそういった商品をご利用された方がいいでしょう。

 

 

無担保ローンでは一般的に商用の事業資金などの用途には使えません。


会社に貸すと倒産した場合の返済は有限責任で回収不可能になってしまう場合があるので事業用は担保を取るか、事業主が保証人になるのが一般的です。

 

なお、キャッシングやカードローンでは保証料は基本的にはいらないと考えてください。その保証料込みでもともとの金利が設定されていますので、キャッシング会社が代わりに保証料を保証会社に払ってくれています。ちなみに銀行系で紹介したプロミス・アコムも銀行の無担保ローンの保証会社をしています。銀行の無担保ローンの保証会社だから審査も銀行よりはプロなんです。しかし、無担保ローンで借りる際はご返済計画をしっかり立ててしっかり返済できる程度の額にしておきましょう。

 

銀行等の低金利ローンはこうした保証会社の保証を元にリスクの少ない顧客を相手に商売が出来る訳です。ですので総量規制以降は銀行よりも消費者金融のカードローンの方がお得なサービスを展開しています。

無担保ローンの利用体験談

プロミスの無担保ローンに申込むタイミング

 

私は子供が生まれたばかりの頃に失業しました。転勤をきっかけとする退職でしたが結果的に2ヶ月間、次の仕事も決まらないままの失業状態でした。午前中はハローワークで職を探し午後は自宅で生まれたばかりの子供の面倒を見るという生活でした。

 

落ち込んだ気分での生活ではありましたが結果的に生まれたばかりの子供と過ごす時間を多く取れたことは私の人生にとても大きな糧となりました。この失業期間の経験から私は家族と過ごす時間の大切さを知りました。

 

職を探すときにも「残業はしない」という強い意志を持ってあたりました。面接の際に正々堂々と「残業はできるだけしたくありません」と宣言しました。結果的に残業がほとんどない仕事を勝ち取りました。

 

同じ職場でも残業が多い人はいるのですが私は残業をしないという条件の上で就職したのだという強い確信があるため、肩身の狭い思いはありません。私は失業という名の育児休暇を取ったのだと、あの失業期間を誇りに思っています。

 

ですが、健康保険の出産育児一時金を貰えるまでは時間があり、給料を貰えるまでも1が月ほどかかるので、この間は無担保ローンで転職前にインターネットキャッシングで無担保ローンでしのぐ事を決めました。

 

選んだのはプロミスで、プロミスには無利息期間(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)があり、丁度給料までの一ヶ月を無利息で過ごせた為、実質無利息の無担保ローンになりました。ですのでプロミスに申込んだタイミングは絶妙なものになりました。


無担保ローンを利用しない心構え出いたがそうもいかず

 

最近感じるのは、今の30代の母親が、公園にこどもを連れいていかないことに気になっています。少し前までは、公園デビューという言葉が有名だったのに、今はきくことさえないのです。それでは、子供はどこで遊ぶのでしょうか。

 

恐ろしいのですが、それは、道路と駐車場なのです。不思議でたまりません。なぜ歩いて2分のところに公園があるのに、出かけないのか。なぜ昼明るいうちに連れて行かないのか。母親が一人で行けないのかということです。

 

まるで田舎のおばあさんに育てられていた自分のようです。まさに昭和です。子育てが昭和なのです。この21世紀にです。それでも、自分は道路や駐車場では遊ばなかったので、ここは、団塊の世代が、狭いアパート暮らしで群れていたことの流れだと思います。

 

絶対に、子供の教育には公園で遊ばせるのがベストです。道路は、危ないし、人の迷惑になります。必ず小学4年生ぐらいになったら、夕方歩き出すでしょう。

 

ただやはり安全なところで遊ばせるには、多少お金も掛かりますし、高学年になると習い事をさせる事になるのでどうしても無担保ローンの世話にならないと生活は出来ません。こういった場合は、すぐかりれる無担保のカードローンよりは、銀行等の教育ローンも無担保なのでそちらの利用を考えたいです。


無担保ローンの残債があると余裕ができない

 

パワハラをきっかけに退職を余儀なくされました。退職というか、形式上だけだからということで退職届を書かされ、それが自己都合退職という扱いになってしまいました。そこで裁判を起こしたのですが、裁判を起こすというのはかなりのお金が必要となったので、貯金を切り崩して頑張っています。

 

また我が家には猫がいるので、その猫の生活環境を整えることが大変です。ゴハンも基本的に安いものではなく、ちょっと高級志向なので猫の食費はかなり掛かってしまいます。

 

子猫の時から同じメーカーのものを与えているので、今さら変えることはできません。転職をしたことで年収は100万円近くダウンをし、今まで普通に購入をできていたもの、定期購入をしていたものも全て解約をしました。

 

それでもお金は足りません。なので倹約をしてこれは本当に必要なのか?2、3日考えてから購入をするものを決めいますが、生活費が足らないので慢性的になる前に無担保ローンで借りることにしました。

 

プロミスで借りたのですが、無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)をりようしたので、ボーナスで一括返済するまでの期間も30日圧縮されて、利息も少なく済みました。


運営・管理

運営・管理は弊社が責任を持ってしております。